宗徳丸

新鮮な殻付き牡蠣・産地直送牡蠣、カニを通販でお届け致します!

竹崎カニ
information

宗徳丸
〒849-1614
佐賀県藤津郡太良町大浦甲182-2

line

有明海でとれた新鮮な殻付き牡蠣・産地直送牡蠣を通販でお届け!その他の魚介類も販売しています。お気軽にお問い合わせください。

0954-68-3508
メールは24時間受付しています。

トップページ > 竹崎カニ

竹崎カニについて  

  • 竹崎カニについて  

    佐賀県の名産品、竹崎カニ。甲羅が他のカニと比べて大きく、
    身の締まった中身は茹でるもよし、焼くもよし。
    あるいは刺身で食してもおいしく食べられる逸品です。
    竹崎カニはその名の通り、佐賀県の太良町竹崎の近海にて採れるガザミ(ワタリガニ)の通称です。
    横長の甲羅に大きな爪はタラバガニとは違った堂々とした姿。濃いオリーブ色の甲羅もまた、よく知っているカニとは違った姿をしています。

  • 夏から秋にかけてが美味しい時期です!

    夏から秋にかけてが美味しい時期です!

    普段は泥の中に生息していますが、一日一回日光浴を行うという変わった習性があります。
    そのためか夏から秋にかけてがもっともおいしい時期ですが、一般のカニと違って通年通して食べられるのも竹崎カニの特徴です。

    一方で竹崎カニは計画的な稚ガニ放流も行われており、乱獲による竹崎カニの減少を防止。呼子のイカと並ぶ佐賀県の誇る人気の高い魚介類となっています。

他のカニとの違い

  • 他のカニとの違い

    カニのおいしさと言えばむき身やカニミソ、通な人はカニの殻もお酒の器としていただく事もあるかと思います。
    竹崎ガニも例外なく味を楽しめ、特に引き締まった身は他のカニとは異なるおいしさがあります。
    ガザミ(竹崎ガニ)はオスとメスでおいしい部分が異なり、オスは身、メスは卵が絶品です。
    身には甘みが詰まっており、塩ゆでにすると見た目のボリュームも相まって非常に見栄えのする外見です。ふわふわと言うよりもずっしりとした食感も特徴的です。
    さらにメスの卵ですが、単にプチプチとしているだけではなく甘みを持ち、加えて濃厚。カニの持つ独特の味わいを堪能できる内子は、他のカニとは違ったおいしさを持っています。

竹崎産 産地直送ガニのカニすき&焼きガニ

  • 他のカニとの違い

【材料】

■スープ

カニの殻 ある量だけ
昆布 20cm程度
水 800~1000ml
醤油(淡口) 150cc
酒 75cc
みりん 大さじ2(30cc)


■具材

生カニ 1肩
白菜 4~6枚
白ネギ 1本
エノキ茸 1袋
絹ごし豆腐 1丁
生マロニー 1袋
 椎茸、春菊など 適量

■雑炊の材料

ご飯 茶碗1杯分
卵 2個
ねぎ(みじん切り) 大さじ2~3杯
刻みのりorあおさのり お好みで


【作り方】

1.軽く水洗いしたカニを食べやすい大きさにカットし、裏側に殻を切り取る。
 一番太い足は焼きガニにとって置くのがオススメ。

2.軽く塩を振り、魚焼き用シートを敷いてフライパンに並べる。
 蓋をして焼いたら、お好みでレモンを絞っていただく。

3.残りの部位全ても、裏側の殻を切り取り食べやすくする。
 切り取った殻はあとでだしに使うので捨てないように注意。

4.水を入れた鍋に昆布を入れて30分程度置く。

5.昆布が戻ったら、1cm程度の幅に切り込みを入れ、火にかける。
 沸騰寸前になったら、昆布を鍋から取り出す。

6.「1.3.から切り取ったカニ殻を加える。鍋が沸騰したら、酒、みりん、醤油を
 加える。あとで汁をこすので、灰汁は取り除かなくても大丈夫。

7.煮立てて5分経過したら火を消す。

8.粗熱が取れたらザルにキッチンペーパーを敷いてこす。

9.ネギを斜め切りに切り、白菜はざく切り、えのき茸は洗って二等分しほぐす。マロニーは水を切って、
豆腐は4~8切りにする。

10.すべての材料を鍋に入れ、8のスープを入れて加熱する。

11.具に火が通ったら完成!中身を食べきったら雑炊を作るとおいしいですよ!

12.ご飯はざるに入れ、流水でよく洗う。12の残りのスープを火にかけ、沸騰したらご飯を入れて軽く混ぜる。

13.そのまま3~5分間、ご飯を煮る。この間、かきまぜないこと!ご飯が煮えたら、
溶き卵を加えて軽くかき混ぜる。

14.葱を加えて、軽くなぜたら火を止め、蓋をして約3分そのまま待つ。
 雑炊の完成!お好みでのりを加えて召し上がって下さい!